結婚や結婚式準備に役立つ情報をウェディングエピソードで紹介。

はしるのウェディングエピソード「結婚式な気持ち」 > ウェディンググッズ > Bouquet(ブーケ)の価値観

ウェディンググッズ

Bouquet(ブーケ)の価値観




私が初めてフラワーショップへ行ったときのはなし、

私「うわー、これ花嫁の持つブーケ?こんな小さいんだ!」
店員さん「それはブーケトス用ですね、花嫁さんが持つブーケはこちらです」
私「・・・

Bouquet(ブーケ)の価値観

初めてのフラワーショップでの打ち合わせ。
いろんなフラワーアレンジメントがガラスケースに展示してある。

私「うわー、これ花嫁の持つブーケ?こんな小さいんだ!」
店員さん「それはブーケトス用ですね、花嫁さんが持つブーケはこちらですヨ」
私「・・・。この大きいのはおいくらぐらいなんですか?」
店員さん「これで3万円ぐらいですね〜」
私”ゲッ、(こころの響き)!!” 「なるほど〜」

これがブーケに対する初めての印象。
私がいかにブーケについて無知だったか・・・。

 

結婚式ではいろいろな場所で装花が活躍する。

・テーブルフラワー
・ケーキカットのナイフの花飾り
・ウェルカムボードの装花
・ブーケ、ブートニア
・その他どこにでも・・・・

とにかくまぁこと細かに草一本単位でお金がかかる。
衛生上の関係で会場装花は外注できないケースが多い。
でもブーケだけは持ち込み可。

 

ブーケにもいろいろ種類があって、
これも準備の中で苦労するものの1つになる。
私の場合、いろいろ見てる中で「プリザーブドブーケ」に決めた。

プリザーブドブーケとは
最新の保存加工技術により、生花の色合い、風合い、形を
そのままに長期間保存することができる新しいタイプの花を
プリザーブドフラワーといい、その手法でつくられたブーケを
プリザーブドブーケといいます。

考えてみると、
ブーケを手にもつのは教会の中と披露宴の入退場のときのみ。
(座ってるときはブーケスタンドに置いて飾っておく。)
その時間だけの為に3万円はもったいない気が・・・。
それにすぐ枯れちゃうし。

で、たまたまネットで見つけたプリザーブドブーケが、
イメージどおり。クラシカルでかつ上品、しかもリーズナブル。
私はあまり”思い出の花をずっととっておきたい”
というタイプではないが、やはり安いものではないから少しでも
長く楽しみたいというニーズにもかなっていた。

 

ゲストと新婦の距離ではわからないが、
やはり本物の花とはいえ、質感は若干造花のよう・・・生花のもつ
みずみずしさには欠ける。それと花びらがパリパリしているので
持ち運びにはたいそう神経をつかう。

私のプリザーブドブーケと彼のプリザーブドブートニアは
今でもガラスケースのなかでその華やかさを保っています。

色直し用のヘッドドレス(大輪のバラ・メリア)とリストブーケは
生花で式場のフラワーショップに依頼しました。
ピンクのカラードレスとぴったり。やはりプロのフラワーコーディネーターの
感性はすばらしいと感じました。

でもやはり生花は3日間が限度。今はデジカメの中だけにあります。

 

ブーケはそれ自体 存在感があるし、
やはり新婦にとってもっとも重要なアイテムのひとつである。
ドレス、会場の雰囲気、季節感・・・そしてコスト。迷いは大きいでしょう。
でも 最後は自分の好みで決めればいいと思う。

迷った時は 自分の価値観に聞いてみてください。


PR
ブーケからティアラ、ベールまでトータルでコーディネート

ウエディング ヘアスタイル


結婚式を挙げるとき悩むことのひとつにあげられるのが

ウエディングヘアスタイル

ネットでいろいろ検索しても なかなかいい情報が見つからないですよね・・・。

そこで私が参考にしたのが ヘアカタログBook。

まずは ヘアカタログ゙をペラペラ流し読みして、

自分なりのイメージを思い浮かべてみてはいかがですか・・・?



オススメの体験エステ


今日の主役は自分!

女性にとって結婚式は人生最高の時間のひとつです。

最高の時間に 最高の自分を表現したい。そんな願いをかなえるために

自分を磨いてみませんか?エステティックで・・・

体験エステティックを見つけました。

ブライダルエステコース