結婚や結婚式準備に役立つ情報をウェディングエピソードで紹介。

はしるのウェディングエピソード「結婚式な気持ち」 > ウェディングワード集 > バージンロードの歩き方

ウェディングワード集

バージンロードの歩き方




自分の時もそうでしたが、友人にきいてもやはりこの時の父の緊張というのは尋常じゃないようです。直前に若干の説明&リハーサルはあるのですが・・・
まだ冷静な前日のうちに 少しでも練習しておけば本番での緊張 かなり軽減されるのでは・・・と思いました。

バージンロードの歩き方

教会式では、新婦入場の際はお父さん(もしくはお母さん)のエスコートで入場します。

●まず教会外側のドアの前に腕を組んだ状態で2人並んで立ち
 式場の人の合図でドアが開け放たれ、教会の中のゲスト達の拍手に包まれます。

●ゲストに向かって2人そろって一礼。(どちらかがそっと合図します)

●どちらかの合図で歩行開始。

(1)右足を出して左足を揃える → (2)左足を出して右足を揃える

の一歩づつこの繰り返しです。(エスコート役のほうがちょっとリードする感じ)
歩くスピードは、入場の曲がスローなのでそれに合わせる感じで歩けばOKです。

●事前に式場の人におそわった位置まできたらストップして、
 エスコートはその場に、花嫁は新郎の方へさらに歩いていきます。

●エスコートの役目が終わったら所定の位置へ向かいます。



花嫁はドレスを着ているのでなかなか歩くのが困難・・・
特に絨毯のところはドレスの裾がひっかかってスムーズに歩けません。

ドレスを着て歩くコツは
足を出したときスカートを蹴飛ばすようにしながら歩くといいですよ。
また、歩くときどうしてもエスコート役と歩調を合わせようとするあまり
目線が下になってしまいがちです。コレではあまり格好よいとは・・・

それよりは多少合わなくても目線を前にしてどうどうと歩いた方が
写真うつりもよいでしょう。

一生に一度であろう場面で歩き方ばっかりに集中してたらもったいないです。

一歩一歩を自分の胸に思い出を刻みながら進みましょう。


ウエディング ヘアスタイル


結婚式を挙げるとき悩むことのひとつにあげられるのが

ウエディングヘアスタイル

ネットでいろいろ検索しても なかなかいい情報が見つからないですよね・・・。

そこで私が参考にしたのが ヘアカタログBook。

まずは ヘアカタログ゙をペラペラ流し読みして、

自分なりのイメージを思い浮かべてみてはいかがですか・・・?



オススメの体験エステ


今日の主役は自分!

女性にとって結婚式は人生最高の時間のひとつです。

最高の時間に 最高の自分を表現したい。そんな願いをかなえるために

自分を磨いてみませんか?エステティックで・・・

体験エステティックを見つけました。

ブライダルエステコース